訴訟と弁護士依頼

後遺障害認定を受けた場合など、慰謝料が高額になるケースでは一般的に保険会社との交渉だけでは和解が成立することは少ないものです。やはり金額が高いだけに保険会社にとってはすぐに和解できるものではなく、交渉をしても和解しようとは考えないものです。少しでも時間を先延ばしして慰謝料などを支払うことを避けようとします。このようなケースの場合訴訟へ舞台が移行するのが一般的です。訴訟をどちらかが起こした際には被害者には代理人が必要になります。その時に代理人として弁護士を立て、裁判の依頼をしなければなりません。

訴訟を起こしたら定期的に裁判の期日があります。この時には被害者は裁判に行く必要はなく、一般に弁護士が代理として向かいます。訴訟では場合によっては年単位で和解案が出されるまで時間がかかるものです。その間苦痛を強いられたりストレスを感じたりしてしまいますが、それを我慢して乗り越えていくと裁判官から和解案が提示されます。和解になればその時点で裁判は終了になり、和解を蹴ってしまえば判決に移行します。いずれにしても訴訟を起こした場合には高額の慰謝料を受け取ることになります。高額の慰謝料を受け取るケースでは必然的に訴訟を起こし、そのために弁護士に依頼をするものです。