後遺障害と弁護士依頼

交通事故に遭っても治癒する方もいますが、不運にも後遺障害が残ってしまったという方も多いものです。交通事故では強い力で体に負担がかかるため、後遺障害が残るのも当然と言えます。後遺障害が残った場合、後遺障害認定を受けるために申請を行うことがよくあります。その後、後遺障害認定を受ける、また非該当の判定がなされますが、後遺障害認定を受けた場合、多くは傷害だけの場合よりも慰謝料の金額は大幅にアップします。等級が上がるにつれてより高額の慰謝料を受け取るものです。そのためこのようなケースこそ保険会社と直接交渉をしても妥当な金額を提示されることはなく、弁護士にすぐに相談をした方がいいものです。

弁護士は交渉のプロとして保険会社と交渉をしてくれるものです。交渉のためにあらかじめ文書を作成し、それを提示しながら交渉を行います。弁護士は交通事故については自動的に何もかもやってくれるものではありません。交渉の根拠になるものを被害者と一緒に考えていきます。そのため弁護士と打ち合わせをすることもあります。少し時間がかかるものではありますが、それでも弁護士に依頼をすることで確実に慰謝料は増額するものです。特に後遺障害認定を受けた場合、交渉によって訴訟を起こした場合に近い金額の慰謝料や逸失利益を得ることが可能です。