交渉は弁護士に依頼

通院や入院が終了し治癒になった、症状固定になって後遺障害認定された、また後遺障害の申請を行わなかった場合には示談に進んでいきます。この示談では慰謝料など各項目に関する金額を決めていきますが、この際には相手の加入している保険会社と示談交渉をするのが一般的です。ただ素人相手に保険会社は妥当な慰謝料などの金額を提示することはないものです。多くはかなり低く抑えようとします。保険会社は利益を追求する会社なので、この点は当然と言えるものです。そんな時にはどのようにしたらいいのでしょうか。

交渉のプロである保険会社相手には同じくプロである弁護士にまずは相談をした方がいいと言えます。弁護士はこれまでに交通事故の訴訟の代理人を多く引き受けてきたため、そのノウハウはしっかりしています。ですから相談内容に対して適切な回答を出してくれます。相談者の多くは慰謝料の増額を希望するものです。一般的に弁護士に相談をし、慰謝料の金額の計算をしてもらうと保険会社が提示した金額よりもはるかに高額な金額を伝えてくれるものです。適切な金額を得ようと思ったら直接保険会社との交渉は避けた方がいいものなのです。慰謝料増額のためにはすぐに弁護士に相談をするのが早い解決法です。