訴訟と弁護士依頼

後遺障害認定を受けた場合など、慰謝料が高額になるケースでは一般的に保険会社との交渉だけでは和解が成立することは少ないものです。やはり金額が高いだけに保険会社にとってはすぐに和解できるものではなく、交渉をしても和解しようとは考えないものです。少しでも時間を先延ばしして慰謝料などを支払うことを避けようとします。このようなケースの場合訴訟へ舞台が移行するのが一般的です。訴訟をどちらかが起こした際には被害者には代理人が必要になります。その時に代理人として弁護士を立て、裁判の依頼をしなければなりません。

訴訟を起こしたら定期的に裁判の期日があります。この時には被害者は裁判に行く必要はなく、一般に弁護士が代理として向かいます。訴訟では場合によっては年単位で和解案が出されるまで時間がかかるものです。その間苦痛を強いられたりストレスを感じたりしてしまいますが、それを我慢して乗り越えていくと裁判官から和解案が提示されます。和解になればその時点で裁判は終了になり、和解を蹴ってしまえば判決に移行します。いずれにしても訴訟を起こした場合には高額の慰謝料を受け取ることになります。高額の慰謝料を受け取るケースでは必然的に訴訟を起こし、そのために弁護士に依頼をするものです。

後遺障害と弁護士依頼

交通事故に遭っても治癒する方もいますが、不運にも後遺障害が残ってしまったという方も多いものです。交通事故では強い力で体に負担がかかるため、後遺障害が残るのも当然と言えます。後遺障害が残った場合、後遺障害認定を受けるために申請を行うことがよくあります。その後、後遺障害認定を受ける、また非該当の判定がなされますが、後遺障害認定を受けた場合、多くは傷害だけの場合よりも慰謝料の金額は大幅にアップします。等級が上がるにつれてより高額の慰謝料を受け取るものです。そのためこのようなケースこそ保険会社と直接交渉をしても妥当な金額を提示されることはなく、弁護士にすぐに相談をした方がいいものです。

弁護士は交渉のプロとして保険会社と交渉をしてくれるものです。交渉のためにあらかじめ文書を作成し、それを提示しながら交渉を行います。弁護士は交通事故については自動的に何もかもやってくれるものではありません。交渉の根拠になるものを被害者と一緒に考えていきます。そのため弁護士と打ち合わせをすることもあります。少し時間がかかるものではありますが、それでも弁護士に依頼をすることで確実に慰謝料は増額するものです。特に後遺障害認定を受けた場合、交渉によって訴訟を起こした場合に近い金額の慰謝料や逸失利益を得ることが可能です。

交渉は弁護士に依頼

通院や入院が終了し治癒になった、症状固定になって後遺障害認定された、また後遺障害の申請を行わなかった場合には示談に進んでいきます。この示談では慰謝料など各項目に関する金額を決めていきますが、この際には相手の加入している保険会社と示談交渉をするのが一般的です。ただ素人相手に保険会社は妥当な慰謝料などの金額を提示することはないものです。多くはかなり低く抑えようとします。保険会社は利益を追求する会社なので、この点は当然と言えるものです。そんな時にはどのようにしたらいいのでしょうか。

交渉のプロである保険会社相手には同じくプロである弁護士にまずは相談をした方がいいと言えます。弁護士はこれまでに交通事故の訴訟の代理人を多く引き受けてきたため、そのノウハウはしっかりしています。ですから相談内容に対して適切な回答を出してくれます。相談者の多くは慰謝料の増額を希望するものです。一般的に弁護士に相談をし、慰謝料の金額の計算をしてもらうと保険会社が提示した金額よりもはるかに高額な金額を伝えてくれるものです。適切な金額を得ようと思ったら直接保険会社との交渉は避けた方がいいものなのです。慰謝料増額のためにはすぐに弁護士に相談をするのが早い解決法です。

交通事故で弁護士依頼

交通事故に遭った場合、通院や入院が終了するまでに体の痛みを常時感じたり、病院に通院をしたりと時間的に様々なことを強いられてしまいます。それに対して補償を受けますが、交通事故の場合お金で受けとることが一般的な方法です。そのため納得できる金額の慰謝料を受け取る権利を被害者は得るものです。しかしながら相手の保険会社は適切な慰謝料を支払うことをしません。できる限り低額で示談を終了しようとします。そのため、慰謝料の増額をするためには単に保険会社と交渉をしてもメリットは全くありませんし、時間の無駄になるだけです。

慰謝料の増額を狙うためには弁護士にすぐに依頼をした方が時間の無駄にはなりませんし、実際に慰謝料アップを図ることができます。特に後遺障害認定された、等級が高いというケースの場合非常に高額の慰謝料になるため、このような場合はすぐに弁護士に相談をすることが必要です。弁護士に相談をすれば適切な慰謝料を計算してくれますから、どの程度の金額が適切なのかがよくわかります。その金額を得るためには弁護士に交渉の代理人になってもらうことが必要です。弁護士費用は掛かってしまいますが、結果的には慰謝料の増額が期待できるので依頼したほうがメリットがあります。

弁護士に依頼をする場合の多くは訴訟を起こすようなケースで見られます。訴訟を起こせば示談成立までに時間がかかりますが、それ以上に高額の慰謝料を受け取ることになります。慰謝料を増額したいという方はこの方法を選択したほうがいいですし、他の方法では満足を得られないものです。このサイトでは慰謝料増額のために、どういった時に弁護士に依頼をするのか、その詳細をお伝えしています。万が一の時のために正しい情報を得るようにしてください。